〒620-0221
    京都府福知山市雲原1248-2
 営 業:11時~16時(売切御免)
 店休日:火曜・水曜不定
  近日の店休日情報はblogにて
 電話: 0773-36-0016
      メールはこちら   

TOP > 歴史

歴史

~丹波丹後の宿場里、殿様の召された手打ちそば~

大江山 名代手打 鬼そば屋・・・
この物語は150年以上もむかし、江戸時代後期にはじまります・・・


鬼そば屋の初代当主は、
『荒砂 武平治(あらすな ぶへいじ)』と申します。
大江山にほど近い、ここ雲原村の一角で、
紺屋(こんや:染物屋)を営む商人でした。

その時分の雲原村は、丹後国宮津藩の領下。
参勤交代がございましたから、
宿場町として栄えておりました。

宮津藩主が雲原で、お泊りになられる際、
武平治は得意のそばを打ち、
献上させていただきました。

たいそう気に入られた御殿様、
『おぉ、珍味珍味。』と申されて、
御替えを召し上がられたそうな。

これが人から人へと伝わって、
そばを打つため店を持ち、生業としたのが始まりです。

参勤交代


鬼そば

地場特産のそば粉を用い、つなぎは同じく特産の、
自然薯(じねんじょ)で打った初代のそば。

名は何の変哲もなく、
“生そば”と文字にしたためて、
『雲原の生(き)そば』と銘打って、
商い致しておりました。

地元のものはこのそばを、歯ごたえの強い個性から、
『こわい(かたい)そばや』と云いました。

『こわい』というこの方言。
鬼伝説と響き合い、いつ頃からか皆様に、
“大江山の鬼(き)そば”と受け取られ、
『鬼(おに)そば』の呼び名になりました。

この呼び名『鬼そば』を看板に、初代と変わらぬ峠道、
ちぃーっとたばこ(休憩)して頂けますよう、
ひと打ちひと打ち、こさえます。





かつては雲原・北陵で、一帯に広がるそばの花。
いまや途絶えた幻の、『北陵そば』の白い花。

幻となりしそのそばとを、いまに咲かさんと若い衆が、
奮闘いたす『復活譚』、“北陵そば物語”
いざ、はじまり、はじまり・・・

そばの花
inserted by FC2 system